Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/855-fbb1884c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

[書評] 風が強く吹いている


青春物語の小説。

これ映画かしたらいいよなぁと思ったら,既に映画化されていました。
こちら

寛政大学に入学した主人公の”走(カケル)”は高校生時代に既に天才ランナーとしてダントツの記録を残していたが,監督を殴るという問題を起こしている。ただ「記録」だけを求める指導がいやだった”走”だが,だからどうすればよい,というのが分からずにいる。
そんな”走”を再び陸上の世界に連れ戻す,第2の主人公とも言える寛政大学4年の”ハイジ”。”ハイジ”も高校時代で既に才能を開花させていたが,足の故障により表舞台から去る。寛政大学にはちゃんとした長距離の陸上チームは無かったが,”ハイジ”と同じアパート,「竹青荘」に住む他の9人を巻き込み,箱根駅伝を目指す。
10人中陸上経験があるのは”走”と”ハイジ”ともう一人,”ニコチャン”の3名だけ。それを半年強で箱根駅伝出場を果たすという,かなり漫画的なストーリーな気もするが,何しろ読んでいて爽やかな気分になる。

「速さ」ではなく「強くなれ」と言う”ハイジ”。どうすれば「強く」なれるのか悩む”走”だが,徐々に「強く」なっていく。その成長ストーリーがまたこの小説の一つのポイントだろう。
漫画の「はじめの一歩」で既に主人公の一歩が,ぼろぼろになりながら,セコンドの鴨川に聞く,「強いってなんですか?」を思い出した。



風が強く吹いている (新潮文庫)風が強く吹いている (新潮文庫)
(2009/06/27)
三浦 しをん

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/855-fbb1884c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。