Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/837-6eec3684

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

[書評] 脳に悪い7つの習慣

7つの習慣とか名前つけて,”狙った”感じがなんだかなぁ,,と思っていたら,かなりまっとうな本。いろいろな気づきがあった。
本書は脳神経の医学博士で,この世界ではかなり有名な第1人者である(私はこの本読むまで存じあげなかったが)林成之氏が,”ちゃんと脳科学の見地から”脳に悪い習慣を説いた一冊。
何度か読みなおしたい一冊だ。

書評というかメモになってしまった。

脳に悪い習慣1 「興味がない」と物事を避けることが多い
 ⇒脳の「自己保存」と「統一・一貫性」のワナ。
  自分をまもろうとする「自己保存」に陥ったり,多くの人が同意するもの,権威があるもの,それらしい理屈があるもの,常識とされているものには働きやすい「統一・一貫性」に陥ったりすると,脳が考えることをやめてしまったり,正しい判断ができなくなってしまう。
 ⇒「頭がいい人とは、何に対してもきょうみをもち、積極的に取り組める人のことである」
 
脳に悪い習慣2 「嫌だ」「疲れた」とグチをいう
 ⇒脳の理解力や思考力,記憶力を高めるには,「好きだ」「面白い」というレッテルを張らなければならない。
 ⇒嫌だと思うことには何か条件・前提を置いて,できること,好きになれることとしてやっていく
 ⇒愚痴は脳にとって悪いレッテル。
 ⇒感動すると,理解力や判断力が高まる
 ⇒楽しいと思うことは,脳が疲労を除去してくれる
 
脳に悪い習慣3 言われたことをコツコツやる
 ⇒だいたいできた,と思うことは脳にブレーキをかけているようなもの。残りが大切,と思うことで100%できる。
 ⇒目的と目標は別。目的は「契約をとること」であれば目標はそれを実現するために何をするか,具体的なこと。
 ⇒「ノーミスでやる」も脳にとっては否定語。「終わった」「勝った」「完結した」も脳には「もう働かなくてよい」という否定語。
 ⇒目標はコロコロ変えてはいけない。途中でより良いやり方があっても,一気にやりきること。脳の自己保存のクセにより,また目標が変わるかも,といった気持が生まれ,全力投球できなくなる。

脳に悪い習慣4 常に効率を考えている
 ⇒繰り返し考えることが重要。「これでだいたいわかった」と思ってはいけない。
 ⇒日記や手帳,ブログなどで考えを整理することは脳にも良い
 ⇒本を一回読むだけでは学んだことを活かせない。「ここはだいたい分かっている」と思いながら読むのも脳にはマイナス。いつでも素直に内容に向き合う。
 ⇒考えるときは四日ごとに間を置く。脳はあまり重要でないと判断した記憶は3~4日で忘れる。
 
脳に悪い習慣5 やりたくないのに、我慢して勉強する
 ⇒「だいたい覚えた」でやめてはいけない
 ⇒成功体験に縛られていないか,失敗の経験によってチャレンジする勇気を損なっていないか,の2点をチェックする習慣が大切
 
脳に悪い習慣6 スポーツや絵などの趣味がない
 ⇒姿勢が悪いと目線が水平ではなくなり,空間認知能が働きにくくなる。文武ともに重要。
 ⇒スポーツ,絵を正確に書く,字を丁寧に書く,リズム良く,など。よくしゃべることも良い。

脳に悪い習慣7 めったに人をほめない
 ⇒たんたんとクールに話してはいけない。話し相手のリズムを読む。
 ⇒目的は共有しないと達成できない

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
(2009/09/30)
林 成之

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/837-6eec3684

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。