Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/833-52fe6af7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アウトドア遊びは自然環境に優しいわけではない

”エコ”な遊びとしてキャンプなどのアウトドア遊びが紹介されることがある。
前にもこんなことを書いたが,アウトドア遊びの定番であるキャンプという遊びは,多くの場合決して自然環境に優しい遊びではない。
場合によっては家でエアコン効かせてパソコン触ってた方が自然環境に優しかったりする。
なぜなら,キャンプ場へは排気ガスをまき散らかしながら車で行くし,キャンプ場の草木を踏みつけたり煙で燻したりして多少なりとも傷つけることもあるし,もしかしたらちょっとしたゴミが気づかないうちに川や湖まで飛んでいってしまい,水や土地を汚してしまうかもしれないし,BBQなんかをした後,洗い物をすることで水を汚してしまう。

例えば,ある綺麗な川の側でキャンプをしたとしよう。
そこへ行くには車で行かざるを得ない。最寄りの駅からは30kmも離れている。到底歩けない。車で行くことは自然環境への影響がおおきいが,利便性を優先しよう。でも燃費良く走れば自分の出来る範囲での努力ができるはずだ。なるべく重たい荷物は持った行かずに,シンプルなキャンプにするか,重い機材を持ち込んで賑やかなキャンプをするか。今日は仲間も大勢呼んだし,賑やかなキャンプにしたい。しょうがない。自然への影響は軽減できないが,楽しさを優先しよう。
現地に着いた。携帯電話の電波も入らないような場所だ。とても綺麗な水が流れている。
さっそくテントを張って,BBQだ。せっかくなので川にも入りたい。そのために水着も持ってきた。川の中で汗だらけの人間がばしゃばしゃと遊んで水を汚してしまうのは自然環境にとっていいことではないだろう。でも楽しさ優先。川の中に入って遊ぼう。
テントを張ってペグを打つ。地面に穴をあけるときに小さな1cm程の草を傷つけてしまったが仕方がない。この緑だらけの場所であらゆる植物を避けてテントを張るなんてできっこない。せめて,花が咲いているような植物は傷つけないようにしよう。
さて,BBQだ。食器もいろいろ持ってきた。でも食器を使った後ここで洗うと,間接的にでもこの目の前の綺麗な川を汚してしまうことになるかもしれないが,洗っておかないと帰りの車の中が臭いし。何より,そのような後片付けをいろいろと道具を持ってきてくれた人が帰宅後全てやってもらうことになるため,申し訳ない。みんなでいる間で協力して綺麗に洗おう。

なんにせよ,多少なりとも回りの自然環境への影響はあるわけだ。

人間が生活するにもいろんな遊びをやるにも,自然環境に影響を与えてしまうことは,ある意味致し方ないことだ。
それを否定するならば,人間はもっと文明の進化を追い求めることを,自然環境を保護する能力と比例する範囲にとどめる必要がある。残念ながら,現在は人間が自然環境を保護できる能力以上に,人間(少なくとも先進国の)は文明の進化を追い求めているといえる。


キャンプは楽しい。
だからこそ,自分も楽しい中でも,やはりなるべく自分で出来る範囲で自然環境を保護するような努力をしたい。
それはごく自然な考えだと思う。
どのような場面でどのように自然環境への影響を軽減できる努力をできるか,それは人それぞれだと思う。正解かどうかは分からないが,個人的にできるかもと思うのは,以下のような努力だ。
・なるべく車の台数は減らして人数に見合った台数で行く。
・キャンプ場とされている部分以外にむやみに踏み入らない
・食べきらないほど作らない。余った食材は持って帰って使う。
・食器は現地では洗わず,下水処理がしっかりしている自宅に帰ってから洗うようにする。
・とにかくゴミはきっちり回収する。テント等大物装備は撤収後,出発寸前にに参加者全員でゴミ拾いをする。

自分でも実際にやれているかと言うと,全てはやれていないのだが,前のブログにも書いたとおり,アウトドア遊びというのは自然環境に多少なりとも影響を与える遊びであることを認識し,少しは気をつけて,遊びたい。キャンプに限らず,山登りだってカヤックなどの川遊びだって同じ。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/833-52fe6af7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。