Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/823-4623884a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

大阪市立図書館の予約システムに一言いいたい

大阪市の図書館予約システムをよく利用しているのだが、どうにもどうにも使いにくい。
あまりに使いにくいので、書き出してみた。
図にもしてみたよ。(下の方につけてます。)

細かいことはきりがないのだが、どうしても不便な下記の3つについて書きたい。
なお、いずれも、別の自治体で使っていた図書館予約システムでは、このような不満はほぼなかった。

1.「蔵書検索、予約」と「予約済み本扱い」のページが完全に別
  つまり図の系列と系列が独立しており、それぞれの機能を行き来するにはトップページに一度戻る必要がある。
  例えば本を3冊予約したけど、やっぱり1冊とりやめ、とかしようとすると、
  で一番右まで画面遷移しているのに、そこからまず?の画面にいき(図の下に伸びてに向かう矢印)、
  そこで初めてトップページへのリンクがでてくるのでトップにいき、にいき、ということが必要なのだ。
  当然逆もしかり。  

2.認証するキーが図書館カード番号、パスワード、暗号カード番号(2つ)の4つで、しかも一つの画面で入力できない
  普通何かwebpageにログインするとき、IDとパスワードを入力して、ログインボタンとかを一回クリックすると、
  ログインできるものだが、まず図書館カード番号(ID相当)を入力し、一度クリックして画面遷移、
  んで遷移後のページでパスワード入力してまたクリックしてそこでまた画面遷移。
  遷移後のページで暗号カード番号を2つ入力してはじめて予約確認等の機能が使える。
  そもそも図書の予約等のために4つもキーを入力させるような認証が必要なのか?
  個人的には銀行や証券会社等以外で、暗号カードを使わせるような認証を要求させるサイトは見たことがない。

3.とにかく画面遷移(クリックが必要な)が多い
  図を見ていただいたら分かる通り、予約するまでに何回クリックさせんねん!!っつう。
  ログイン、検索、選択、予約、予約確認、の5回くらいでいいんちゃうのかい?
  実際はトップページから予約完了まで9回クリックすることになるわけだ。


図:大阪市図書館のトップページから蔵書検索して予約したり、予約した本を取り消したりするときの画面遷移概要。
文言とかはそのままではなく、結構はしょったりもしてますが、だいたいこんな感じになりました。
大阪市図書館の予約ページの画面遷移




ちなみに、
大阪市立中央図書館が Library of the Year 2009 大賞に選ばれました!!
とのこと。
実の中央図書館はきれいだし蔵書多いと思うし、良いですよね。
いや、システムとしても、大阪市の各図書館から横どおしで予約できるし、どの図書館で
返却してもよいとか、便利なところもあります。
そうゆうところはとてもよいので、このWebからの予約システムもぜひ改良してほしいものだ。。


【追記】
「大阪市立図書館へのご意見・ご要望」に送ってみました。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/823-4623884a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。