Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/813-8c8ef4bc

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

[書評] さらば財務省!

さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白
(2008/03)
高橋 洋一

商品詳細を見る

政府の埋蔵金の存在を暴露し,小泉政権の下(竹中大臣の下)郵政民営化の
実務中心者であった高橋洋一氏の一冊。
政府・官僚をあまり敵に回せない,テレビ新聞等のメディアからは出てくることのない,
生々しい政治の裏側が書かれている。

まえがき―日本一の頭脳集団の本当の実力
序章 安部総理辞任の真相
第1章 財務省が隠した爆弾
第2章 秘密のアジト
第3章 郵政民営化の全内幕
第4章 小泉政権の舞台裏
第5章 埋蔵金の全貌
第6章 政治家vs官僚
第7章 消えた年金の真実
終章 改革をやめた日本はどうなる


目からうろこなことが多く書いてあり,ぜひ一度読んで欲しい一冊だ。
いかに財務省が組織としては幼稚な組織なのか,
郵政民営化はいかに”必然の結果”として進んでいたか(小泉元首相が郵政民営化を
強力に進めたが,もし小泉元首相がやらなくてもいずれ結果的にはそうなってたであろう),
なぜ埋蔵金は隠されていていたのか,
年金はいかに消されるべくして消えたのか,
高速道路は本当に赤字で様々な税金が投入されるべきものなのか,
安部元首相は・・・


もちろん多くの官僚も”国のため”にいろいろ頑張っている人も多いのだろうが,
官僚という人たちは”国民のため”という観点と,”何が国にとってよいことか
の評価軸”が,相当世間ずれしているのだろうと思う。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/813-8c8ef4bc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。