Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/794-4a9249f6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

[書評] もし部下がうつになったら

もし部下がうつになったら (ディスカバー携書)もし部下がうつになったら (ディスカバー携書)
(2007/05/18)
松崎一葉

商品詳細を見る

表紙のかわいらしさと反して,すごくまっすぐに,そして身近に,
うつに対する知識をさずけてくれる本。
チームで仕事している人は,とりあえず1度読んでおいてよい一冊。

本書によると現代社会では7人に1人は「うつ」を経験するらしい。
現在は4?5%が発症しているとのこと。
私自身だって,あなただって,私の周りの誰かだって,
あなたの周りの誰かだって,いつそうなるかは分からない。

実際今の職場では,私自身が一緒に仕事をしている人がその時そう
なったというケースはないものの,すぐ身近なところで,私も過去
一緒に仕事をしたことある人も含め,何人もの人が心のエネルギーが
低下し,何カ月も会社に来られなくなったり,薬を飲むようになったりした。

さて,本書は,「部下がうつになったら」という本だが,
自分がうつになることや,そもそも会社の人ではない,家族等がうつに
なった場合にも十分使える。
いや,”うつになる前”でも使えるので,まずは知識として,(対応方法は
結局は個々それぞれになるのだと思うが,一般的医学知識として)一度
読んでおいて損はないだろう。

本書中にいくつか事例が出てくるが,どれも,自分も含めて,周りの環境
とも大してかわらない。ただちょっとしたきっかけが積み重なっただけが
違いなんだなぁと思う。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/794-4a9249f6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。