Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/792-34809567

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

[書評] 日本語が亡びるとき

英語の世紀・・・
英語が事実上の世界共通語,「普遍語」として広く流通しているこの時代に,
日本は「国語」としての日本語をどう考えればよいのか。

著者は日本人で日本生まれだが,12歳から20年間アメリカに住み,しかしアメリカでは
日本語に恋いこがれ続けたうえ,(アメリカの)大学ではフランス文学を学んだという,
ちょっと変わった小説家で文学者。

本書は著者が海外における様々な経験談からはじまり,日本語の歴史,
漢文圏の中の「現地語」であった日本語が,どのようにして現在の「国語」としての
漢字かなまじり文である日本語になっていったのか,明治維新や第二次世界大戦での
敗戦の裏で日本語はどのように”されようとして”,今に至るのか。
そのエピソードを読ませたうえで,これからどのような選択肢があり,
著者の言う日本語が「亡び」ないために,はたしてどうすればよいのか,
非常に説得力のある日本語で書かれた一冊。

「読まれるべき言葉」を伝えていくこと,教育することが,重要である,というのが
強いメッセージとして残る。とても共感できる。


ちなみに,
私は英語が非常に苦手だが,仕事で英語の文章を読むことが必要な時は多々ある。
なぜならインターネットで調べものをすると,重要な情報,最新の情報は,
英語でのみ書かれているからだ。
英語を読む力はもっと付けたいと思うところだし,これは避けようがない。
機械翻訳のレベルが昔よりは多少良くなったとはいえ,ほとんど使い物にならない。
指先だけでも,多少なりとも,「叡智を求める人」であろうとすれば,これは
避けようがない。
その中で,「読まれるべき日本語」も改めて,読んでみようと思う。

予断だが,本書では英語以外にも,共通語として数学が出てくる。
数式であれば,どの言語を話す/書く人との間であっても,数学という万国共通語で
情報の交換ができるからだ。
実はこれ以外にも,プログラミング言語や,システムの設定言語(例えばCisco社の
IOSのコマンドなど,デファクト的なコマンド)といってもよいだろう。
私自身経験があるが,通常の言語が通じない相手でも,このような”業界内の”
万国共通語で,やりたいことを伝えることは,できる。
もちろん,多くのプログラミング言語やシステムの設定言語は,英語で書かれているが。
(if .. then だったり,show configだったり・・・)

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
(2008/11/05)
水村 美苗

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/792-34809567

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。