Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/767-f671ef25

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

選挙に行くということ

選挙に行くということは,政治に対する自分という存在のアピールになる。

日本の政策は高齢者重視で将来を担う若者に優しくないとよく言うが(そう思うが),
選挙の投票率が高齢者のほうが高いんだから,そうなって当然といえば当然だと思う。

衆議院議員総選挙における年齢別投票率

日本という企業があるとすると,投票する国民は,顧客。
投票はその企業への支払い。
よく買い物をしてくれる年代の顧客にターゲットを絞った商品を出すにきまっている。

もちろん,政治化にはもっと高尚(?)に,日本を良くするんだという意識をもってもらいたいもんだが,
そんな聖人君子はそうそうおらんってことだ。
じゃぁそんな普通に人並みの煩悩を持った(ただし多分頭は良い)政治家に,
若者に向けた政治をやってもらうには,若者の投票率が高ければよいわけだ。


選挙権を持たない子供達には優しくならないのならば,
その子供達の親の世代が投票率が高ければ,その親の世代の要望にあった(=子供のための)
政治が多少は行われるようになるのではないかと,単純に思う。

いっそのこと,親には子供の投票権をプラスしてもいいのかも。
子供が2人家庭には投票権を+2する,とか。
そうしたら,いやおうにでも,政治家も,子供達のことを考えた政策をもちっと考えるんではないのか?

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/767-f671ef25

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。