Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/751-378c8e22

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

不運があって他人に責任があってもなんの解決にもならない

分裂勘違い君劇場:不運と理不尽に襲われたとき、うまく切り抜ける人と、逃げ切れずに酷い目に会う人の違い

酷い不運と理不尽に襲われた人間だけが、マッチョorウィンプになる。

マッチョとウィンプは、かなりクリアに区別できる。

何年もの間、不運と理不尽を食らいつづけたマッチョの社会正義に対するスタンスは、概ね以下のようなものになってくる。

優秀な人材に変身するキッカケに出会うか、未熟なまま老いていくか


そうかも。
俺はゆうても酷い不運にも理不尽にも襲われてないと思うので,”その他大勢”なんだが,
それでも多少,成長してきたポイントってのがあるが,それってやっぱりいろいろな
不運とかを乗り越えた時かなと思う。


マッチョが社会正義を叫ぶのは、それが戦略的に意味がある場合だけだ。

マッチョは自分に責任のない災厄が降りかかってきたときも、あわてず騒がず、淡々と自力で対処する。

それが道徳的に自分の責任なのか、他人の責任なのかを考えるのは後まわしにして、とにかく事態を収拾する。

こうして、問題は解決され、プロジェクトは前進する。


これ普通にそうよね。問題が起こって,まずは問題を解決するために全力を注ぐ。
まずは自分達に責任が無いとかばっかり叫んでいる人はまず相手にされない。

一方、マッチョはほとんど無意識のうちに不運と理不尽のリスクを警戒する。

なぜなら、不運と理不尽のリスクマネージメントも含めて、自分の責任だと考えるからだ。


俺は先に書いたようにマッチョではないけど,仕事に限らず人生どんな事象にも,
どんな不運でも基本的には自分の責任と考えてるな。
というか他人に責任があったとしても,何の解決にもならないから。
極端な話,何も悪いことしてないのに車に追突されて,大怪我をおったとして,責任が
あるのはその車の運転者であることは間違いなくても,結局大怪我をおうのは自分だから。
誰が悪かろうとなんだろうと,大怪我なんておいたくないので,危なそうな車見たら事前に
避けとくとか,車の通りの少ない道を選んで歩くとか,何かしら対策の取りようはある。
(当然,それでもぶつけられる場合だってあるわけで,そんときはそんときで,次には
自分の怪我を最小限に抑え,最短で治るような行動パターンを考えるのみ。。)

まぁそんな基本的な考え方ってのが根底にあるので,
どんな不運や人からの攻撃があったとしても,外から見たら比較的淡々と受け止め,
盲目的にならずに客観的な見方がある程度できるんじゃないかなぁと思ってる。
普段から結構突拍子もない不運が襲ってきた場合のシミュレーションを頭の中で描いて
みたりというのは,たまにだけどやってる。(そういえば比較的最近は減ってきたような・・・)

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/751-378c8e22

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。