Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/725-93b0ce1a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

[書評] 日本を創った12人 (前編/後編)

面白い。
10年前に発行の本が今でも売れているのもうなづける。

堺屋太一さんが”日本”に多大なる影響を与えた人物12人を
独自の視点で選び,解説している。

選ばれた12人とは,
聖徳太子,光源氏,源頼朝,織田信長,石田三成,徳川家康,
石田梅岩,大久保利通,渋沢栄一,マッカーサー,池田勇人,松下幸之助

この時点で”独自な視点”ぶりが分かる。
実在しない光源氏まで選ばれているのだから。

ちなみに光源氏の選ばれたポイントは,
「日本的な上品な人(政治家)」の原型を作り出したということ。
# ただし,現代(10年前だが)はこの”上品”を考え直すべき時がきた,と述べている。

光源氏は,政治的に相当な位に居ながら,政治はほとんどやらず,恋に生き,
和歌を詠んだり宴を開いたりばかりやっているわけだ。
だが,”なんとなくな雰囲気”を醸し出し,周りにいる実務者により
政治が行われていく・・・・

それって全然ダメじゃん,と思うわけだが,実際日本の企業で上に立つ人の中には,
「だいたいそんな方向性だ。細かいことは任せた,よきに計らえ」という人も
多くいるのではないか,と。それって光源氏の世界だよ,というわけだ。
光源氏章の節の1つには「集団主義と称する無指導」とあるが,結構現代でも
そうゆう風景はあるような気がする・・・・確かに。


というように,今の日本の○○な部分を最初に言い出した誰誰は,
影響度大!というのが12人書かれていて,読むと,なるほど,と
納得感があり,ついでに歴史の勉強にもなる。


一言で他の11人を書いていくと,

聖徳太子は世界でも類を見ない宗教観である”習合思想”の元祖であり,
クリスマスを祝ったあと初詣に行く「ええところどり」する日本人を創りだした人。

源頼朝は幕府と朝廷という「二重権限構造」を生み出した人で,トップより
実は最も実力をもって事を動かしているのはNo.2,という日本人の元祖。

織田信長は天下布武という世界初の絶対王政ビジョンを打ち出し,日本の
中央集権社会の元祖を創った人。

石田三成はトップダウンではなく,偉くない人がプロジェクトメーキングする
日本的な企画推進の元祖を創った人。

徳川家康は中央集権型封建社会をつくり,日本人にはびこる外国に
対する不信感や国際間感覚の欠如を生み出した人。

石田梅岩は勤勉は人生修行であることを説き,効率性無視で細部に渡る製品を
作り,なにもかも”ちゃんと”しないと気がすまない日本人感覚を生み出した人。

大久保利通は官僚の力が強く,それに依存したがる人も多い,
官僚主導の日本社会を創りだした人。

渋沢栄一は「財界」,そして護送船団のような日本的協調主義を
を創りだした人。

マッカーサーは「効率」と「平等」と「安全」が絶対的な
正義であると日本人に植えつけた人。

池田勇人は経済大国日本を創り,「金権体質社会」を創りだし,
日本人が会社人間になった元になった人。

松下幸之助は終身雇用の日本式経営を生み出した人。
また,経営者松下幸之助が優秀であったばっかりに,
経営者は偉い,というイメージを創りだした人。


日本を創った12人〈前編〉 (PHP新書) 日本を創った12人〈前編〉 (PHP新書)
堺屋 太一 (1996/10)
PHP研究所
この商品の詳細を見る


日本を創った12人 (後編) (PHP新書 (006)) 日本を創った12人 (後編) (PHP新書 (006))
堺屋 太一 (1997/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る




あわせて読みたい
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/725-93b0ce1a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。