Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/719-b77edbdd

-件のトラックバック

-件のコメント

[C56]

お久しぶりです。
友達により親しいも親しくないもない。
それぞれに違うだけ。というお考えとお見受けしました。とても清清しいです。
  • 2007-07-10
  • abetuyo
  • URL
  • 編集

[C57] お久しぶりです。

偶然にも今朝ばったりお会いしましたね(笑)
親しい・親しくないというのと,
友達か友達じゃないかというのとは,
そのままイコールじゃないのかなぁと思います。
  • 2007-07-11
  • 亜空
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

本当の友達

suVeneのあれ:本当の友達

あいつは親友?あいつは友達?あいつは知り合い?

考えたこともあった。確かに。

気軽に飯に誘えるのは知り合いじゃなくて友達か?
本音をさらすことができるのが友達じゃなくて親友か?
なんてね。

そんな線引きは違うなと思うこの頃。(この頃ってわけでもないが)
というか,勝手にそんな線引きをするもんじゃないと思う。
線を引いているのは,自分が勝手に線を引いているだけ。
飯に誘う,本音を晒すことができる勇気が自分にあるかどうかだけ。

俺友達少ないんだよねーっていうやつは,
自分で人を誘わないから。自分の内面を開かないから。

こいつは友達なのか本当の友達なのかというのは,
つまり自分がどうしたいか,っていうだけだ。

大して仲の良いやつじゃなくても,こちらから心を開けば,
相手も嫌な顔せずに,真剣に向き合ってくれるだろう。

それで”話が合わない”とか”考え方が合わない”ってのは
あるだろう。それは価値観とかが違うだけで,友達かどうか
とかじゃない。違う考え方だということをお互い認め合えれば,
そいつはすごく大切な友達だ。
そう考えれば,どんなヤツも友達。それ以上でもそれ以下でもない。
そいつが親友かどうかというのは,自分が勝手に思い込んでいる線引き。


いや,それでも嫌いなやつとかいるよ。そりゃ。
友好的な関係にはなれないやつね。
感情的に,誘いやすいやつとか,誘いににくいやつとか。
好き嫌いはあるからね。
好きなタイプとか嫌いなタイプとか。居心地がいいタイプとか。
”本音が語れるから”とか,”こうしてくれるから”
とかじゃなくて,そうゆうタイプの違う友達なんだと思う。
ただそれだけ。


まぁ,内面を開くっつうても,見せられない部分もあるしね。いっぱい。
こいつにはこうゆう姿は見せられないな,とか。
単に嫌いなやつじゃなくても,ライバルだと思ってるやつには,
情けないところ見せたくないとかね。
こいつは俺のAという面を知っているけど,Bという面は見せてない。
逆にこいつはBという面しか見せてない,とかもあるだろうし。
じゃぁAもBも両方見せてるやつのほうが,より親しい友達
かっていうと,そうじゃないだろう。
AもBも知っている友達,っていうだけで。
Aだけ知ってる友達と,なんら変わりはない。

あわせて読みたい
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/719-b77edbdd

0件のトラックバック

2件のコメント

[C56]

お久しぶりです。
友達により親しいも親しくないもない。
それぞれに違うだけ。というお考えとお見受けしました。とても清清しいです。
  • 2007-07-10
  • abetuyo
  • URL
  • 編集

[C57] お久しぶりです。

偶然にも今朝ばったりお会いしましたね(笑)
親しい・親しくないというのと,
友達か友達じゃないかというのとは,
そのままイコールじゃないのかなぁと思います。
  • 2007-07-11
  • 亜空
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。