Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/636-14845a33

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

安全な食事

大前研一:愚民政策が生んだ「ウソばかりの“国産”食品」



>米国内の牛の頭数は日本の約100倍。その中の1頭が感染したのに

>対して(今年6月に2頭目のBSE感染牛を確認)、実は日本では20頭も出ている。

>その事実は不問にして、米国で1頭出たというだけでこうした措置をとってしまう。



 アメリカでは全頭検査をやっておらず,日本ではやっている。

よって,割合がどうであれば,市場に出回る日本国産牛は安全であり,

米国産牛は安全とは限らない。

日本は神経質なまでに安全重視ではあるが,行き過ぎの感も確かに見える。

とはいえ,国民の健康を預かる政府としては,認められないものは認められない

んではないかと思う。



様々な選択肢を用意して,国民自身に選択させるのは良い解決策のように見えるが,

実際は,食品会社では様々な捏造が起きている。

でかかったのは雪印ですね。

最近では



国産として販売のウナギに台湾産混入 農産物宅配会社





こんな事件もおきた。



こうなると,信用できるものなんて何も無い。

国民が選択する指標が無い。

そもそも本当に国産牛は全頭検査しているのかも怪しくなってくる。



安全な食事。

それを得ることは難しいのだろうか。



野菜などを有機栽培をしていても,空から降る雨が既に汚れているかもしれない。



むしろ,完全に人工的な食事になる方が,幸せなのだろうか。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/636-14845a33

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。