Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/594-8ef150d7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

地域の温度差

バーレーン戦の平均視聴率40.5% 関東地区



サッカーが興味のある人はもちろん、興味がたいして無い人も、

ワールドカップ予選の試合を見ている人は多いのではないだろうか。

私も、特にサッカーファンというわけではないが、日本代表の試合などは家で

見ているし、一人で「よし!」とか「あぁ・・」とか言いながら、応援している。



関東地区では、視聴率が40.5%だったそうだ。

ゴールデンタイムであったことを考えると、以外に見てないな、という印象。

しかし、



>他の地区の平均視聴率は関西32.6%、名古屋28.9%、北部九州27.7%だった。



だったそうだ。

日本代表の試合となると、別に地域による温度差などは特に無いように思ったが、

かなりあるようだ。

関西だってセレッソやガンバといったJリーグチームを抱えているし、

名古屋はグランパスエイトもある。

九州はまだアビスパや大分とかのやや他の地域と比べたら劣るとはいえ、チームはある。



日本代表に選ばれている選手は確かに地方チームは比較的少ない。

しかし今回のスタメンGKは名古屋の楢崎だし、キャプテンは大阪の宮本。



なのに、なぜこれほど温度差があるのだろうか。



野球は、福岡を本拠地とするホークスは巨人に次ぐ人気球団であるし、

関西には阪神という人気球団もあって、サッカーほどは、地方との温度差が

無いような気がする。





日本では、人気スポーツとしてサッカー歴史は野球と比べると、はるかに短い。

プロのJリーグだって1993年。まだ10年ちょっとだ。

比較的、若い世代が応援しているが、

プロ野球は何十年もやっており、幅広い世代で、人気がある。



それを考えると、次のような可能性も考えられる。

比較的地方では、年齢層の高い人がチャンネル権(チャンネルを

選べる権力!?)を持っており、東京では、年齢層の若い人がチャンネル権を

持っているのかもしれない。

または、東京では若い世代の一人暮らしが多く、地方ではファミリーなので

父親がチャンネル権を持っている、とか。



視聴率に、より細かい視聴者情報が加わると、良いね。

今は、確か、視聴率を出す装置がついたTVを全国の世帯でもらった人だけが

視聴率のカウントに貢献しているはずだが、どっかの誰かがゆってるみたいに(笑)、

双方向で全視聴者から、そのような情報を吸い上げられたら、いいな、と思う。

広告などのターゲットも絞りやすいだろうしね。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://roundoffspace.blog66.fc2.com/tb.php/594-8ef150d7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。