Entries

スポンサーサイト

サーバ型放送時代への分岐

NHK、サーバー型放送への参入を表明前々から,NHKはサーバ型放送に参入して欲しいものだと思っていたが,ついに参入するそうだ。NHKはNHKアーカイブスという大量の優良コンテンツを保持しているのでどんどん流して欲しいもんだ。インターネットを使った放送で回数を制限してしまうと,途中でネットワークエラーなどが起こり,放送が一度途中まで止まり,もう一度読み込んだときに回数カウントするのかしないのかなど,著作権や放送...

ニート

日経ビジネスアソシエという雑誌がある。愛読雑誌の一つだ。社会人はもちろん,大学生なども是非呼んで欲しい雑誌の一つだ。高校生でもいいかもしれない。基本的にビジネス雑誌だが,読みやすいので,まだ仕事をしたことが無い人でも,タメになると思う。就職活動中の人なんかはビジネス雑誌を読んで,将来どんなことがやりたいとか考えるのもよいだろう。ちなみに今までも何度もこの雑誌からの話を書こうと思ったことがあるが,な...

ペットボトルリサイクルのために

ペットボトルのリサイクル,皆さんやってますか?といっても一般市民のできることは,リサイクルの第一歩,分別ゴミだしですね。2003年で回収率は61%だったそうです。参考情報ペットボトルを分別すると,本体,キャップ,包装部分の3つありますね。本体はペットボトルゴミで,キャップと包装部分はプラスチックゴミってのが一般的でしょうか。つってもあれ,すんごいめんどくさいんですよね。特に1人暮らしだとペットボトルはかな...

先が見えるとやる気がなくなる

人にはいろいろなタイプがいる。マラソンで例えるならば(いきなり例えってのも変だけど),スタートしてゴールまで安定した走りをする人,追い上げタイプ,逃げ切りタイプ,スタートするまでのどきどきする瞬間を楽しむ人,ラストの競技場に入って爆発的スピードを出すのが楽しい人,そもそも走らない人,走らずに大会を運営したい人,42.195kmって言っているのに50kmまで走っちゃう人,ゴール地点を教えずにいつゴー...

スポーツはコンテンツでもある

当たり前ですが,スポーツはコンテンツでもあるってのを再度認識させてくれる記事でした。NBAの「Web 2.0」な英断全映像をアーカイブ化、ファンに「解放」へ※もう一ヶ月前の話ですが。。。スポーツは”自分でやる”スポーツとしての意味だけでなく,”観客として見る”映像コンテンツとしての価値がある。一般的にはハイレベルな選手や試合になればなるほどその価値は高いだろう。バスケットボールの最高峰であるNBAが全映像をアーカイ...

耐震偽装問題

だいぶ時期をはずしてしまった感があるが,耐震構造の偽装問題。最初は偽装して計算していた姉歯氏が全部悪い!てな感じだったのが出るわ出るわ,ボロボロと,いろんな癒着やら,そもそも業界全体として根深い問題だったり,システムのバグがあったりと。今回の件はいろいろ膿を出してよくなって欲しいものだが,社会全体が建築業界そのものへ不信感を持ったんじゃないだろうか。他のところも似たようなことやってんじゃないの?と...

正しい情報を正しく簡単に得られる

たびたび四捨六入でも,関連話題に触れているが,マスコミによる誤った情報発信が,間違った時代認識を生んでしまう。[Opinion]なぜ人々は「少年による凶悪犯罪が増えている」という間違った情報を鵜呑みにしているのか?これは初めて知った。確かに,探せば,同様のデータが他のところでもいっぱい転がっていた。にもかかわらず,「少年犯罪が増えている」というイメージはあった。なぜか?もちろんマスコミの誤った情報発信が大...

web2.0と広告ビジネス

ベンチャー企業の代表者が解くWeb 2.0と経営の本質以前,web2.0とは何ぞや?という記事を書いたが,まさにそうだと思った。1にデータを持ってることが重要,2に誰でもそれにアクセスできるAPIがあって,3にビジネスになるための小さな広告いまこの界隈でビジネスになってるのって基本的にコレだと思う。ただ,個人的には広告に頼ったのビジネスモデルというのは好きじゃない。やはり価値あるものに対して直接その対価を支払いた...

Web2.0時代への経験

Web2.0時代に、ユーザーが経験しておくべき10のこと今更だしこんなチェックしてもしょうがないんだが,とりあえずチェックしてみた。(1)ネットで知り合った人と会い、リアル付き合いをするありますね。「ネットで知り合った人と会う」のは1996か1997くらいに初経験かなぁ。いまだとmixiとかで知り合った人と会って遊んだりもしてますしね。(2)Q&Aサイト等で質問、回答をする教えてgooみたいなやつですかね。質問も回答もしたこ...

あけましておめでとうございます。

すっかり一ヶ月ほど更新が滞っていたのですが,そろそろまた書いていこうと思います。いろいろと書きたかったネタはあるんです。さて,私にとって,2004は変化の年だったんですが,2005は今までのことや変化を?げていくような年でした。2006はそれらを形にしていかないといけないと思っています。勝負の年かもしれません。といってもムリせず,いつもどおりに,自分のペースで,公私をうまく使い分けて,脱力しながら,がんばりま...

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

亜空(あく)

Author:亜空(あく)
The Sub Space

あわせて読みたい

あわせて読みたい

twitter

twitter

FC2拍手ランキング

はてなBM(人気)

アクセス解析

SEO対策

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。